Design for THE BROTHERS FOUR

THE BROTHERS FOUR のステージ衣装をデザインしました。
今年のJAPANツアーでも、WFMAのコンサートでも着ています。
制作時の経緯、裏話はこちら

 

最近ブラ4のような音楽のことを「タイムレスミュージック」といわれることがあります。
つまり流行にとらわれない、いつでも新鮮で、いつでも受け入れられる、ということでしょうか。
音楽でいうと、スタンダード、とでもいうのかな。決して懐メロではないところが「タイムレス」
の持つ重要性ではないでしようか。そういう意味でトラッドとは共通点があるのでしょうね。
ボブさんの話によると最近アメリカでもいわゆるモダンフォーク(近代におけるフォーク、とい
う意味で)のムーブメントが動きつつある感触を持っておられるようです。
六十年代前半のような「ブーム」ではなく、スタンダードとして普通にいつでも触れられる音楽、
フォークが現代音楽シーンにしみこんでいってくれるといいな、と思います。
時を越えていいものというのは本当にいいものですよね。
トラッドはトラディショナル(古くからのもの)というだけじゃなくて、
いつになっても色あせないもの、ということなんだと思います。つ・ま・り・
「Evergreen」ってわけなんですよ。
いつになっても、いくつになってもいいものはいい。
「本物」っていうことですよね。    
    

「ブラザース・フォー ファンクラブサイト主宰 Yujiさん 談」

 
The Brothers Four Official Site